沿革

1972年11月広島県福山市入船町に「日本バンテン株式会社」(資本金1百万円)を設立し、食品機器の販売を開始する
1973年8月 「中国フード機器株式会社」に社名変更し、本社を広島県福山市松浜町に移転する
1980年5月 本社を広島県福山市引野町に移転
1980年9月 乳飲料の自動販売を開始し、初めてサプライアーシステム(物流委託方式)を導入する
1989年6月 CIを導入し「アシード株式会社」に社名変更する
 
1990年4月株式会社共和サービスを吸収合併する
1990年8月有限会社ティスター宮崎を吸収合併し、営業地盤が近畿、中国、四国、九州地域一円となる
1993年12月 日本証券業協会に株式を店頭登録する
1996年8月東京都港区に株式会社アシード情報システムを設立する
1999年2月清涼飲料、コーヒー、その他飲料の製造・販売会社 北関東ペプシコーラボトリング株式会社(現・連結子会社)の株式を株式会社アシード情報システムと共同で取得
1999年10月北九州地区を営業基盤とする有限会社第一自動販売機の営業権を譲り受け、同地区の営業基盤の強化を図る
2000年2月東京都八王子市を営業基盤とする綜合ベンドサービス株式会社の営業権を譲り受ける
2000年10月有限会社第一自動販売機及び綜合ベンドサービス株式会社を子会社とする
(両社は2002年8月合併し、同時に商号を株式会社ベンデックス(現・連結子会社)に変更)
2000年11月清酒製造販売会社 株式会社三吉酒造場(現・連結子会社)の株式を取得
2001年2月東京証券取引所市場第二部へ上場する
2002年7月北日本サンポッカ株式会社の株式取得(2003年4月、株式会社北日本ベンデックスに商号変更)
2003年10月東海地区を営業基盤とする株式会社オリエンタル洋行の営業権を譲り受け、同地区の営業基盤の強化を図る
2003年11月中国、上海市に現地法人上海愛実得飲食管理有限公司を設立(2018年11月に清算手続きが結了し、消滅)
2004年4月事業効率の向上を図るため、飲料製造事業の事業統合を行い、北関東ペプシコーラボトリング株式会社の飲料製造事業を株式会社三吉酒造場に営業譲渡するとともに、北関東ペプシコーラボトリング株式会社は北関東ペプシコーラ販売株式会社に、株式会社三吉酒造場はアシードブリュー株式会社に商号変更
2004年4月有限会社マシン青森を子会社とする(2005年8月、株式会社北日本ベンデックスに吸収合併)
2005年9月石川サンポッカ株式会社の株式取得(2005年12月、株式会社中部ベンデックスに商号変更)
2006年8月事業効率の向上を図るため、アシードブリュー株式会社を存続会社として、同社と株式会社アシード情報システムが合併
2006年9月事業効率の向上を図るため、株式会社ベンデックスを存続会社として、同社、株式会社北日本ベンデックス及び株式会社中部ベンデックスの3社が合併
2008年8月不動産運営子会社アオンズエステート株式会社(現・連結子会社)を設立
2008年10月会社分割により株式会社ベンデックスに自販機運営リテイル事業を承継させ、アシード株式会社をアシードホールディングス株式会社へ、株式会社ベンデックスをアシード株式会社に商号変更
2011年4月株式交換により宝積飲料株式会社(現・連結子会社)の株式を取得
2011年9月本社を広島県福山市船町に移転
2013年1月ベトナム、ホーチミン市に駐在員事務所を開設
2014年7月ベトナム「HaLong Beer And Beverage Joint Stock Company」に出資し、持分法適用関連会社とする
2016年3月タイ「ASEED(Thailand)Co.,Ltd.(旧)ASEED & J.R.K. Co., Ltd.」に出資し、持分法適用関連会社(現・持分法適用非連結子会社)とする
2019年9月栃木県下野市の物流倉庫(アシード ロジスティクスセンター)を取得
2020年10月連結子会社のアシード株式会社が有限会社大邦食品の株式を取得
2021年6月 連結子会社の北関東ペプシコーラ販売株式会社が株式会社いいじまの株式を取得
2021年7月ロジックイノベーション株式会社(現・連結子会社)の株式を取得